注文住宅新築平屋に2年住んでわかったカップボードの使いにくさ

平屋暮らし

おはようございます。

今日もよろしくお願いします。

このブログを読まれている方の多くは新築を検討していたり、リフォームを考えていたりする方が多いと思います。


我が家は令和3年3月に完成した32坪4LDKの新築平屋です。

暮らしやすいをコンセプトに間取りや設備などを考えた注文住宅です。

このブログでは家づくりのアイデアや、暮らしに役立つ情報などを発信していますので、是非ブックマークをお願いいたします!

今回は新築から2年住んでみてわかった、我が家のカップボードの使いにくさについてお伝えしようと思います。

カップボードは使ってみないとわからないことが多く、想定していた使い勝手じゃないと思うことが

あると思います。

これから家づくりを始める方や、カップボード選びで悩んでいる方に、私たちの経験が少しでも

お役に立てれば幸いです。

カウンター幅が90cmだと使いにくい

我が家ではタカラスタンダードのカップボードを採用しましたが、

こちらのカップボードはハウスメーカーの標準設定で選べるカップボードなのですが、どこに後悔があるかというと、このカウンター部分です。

このカウンター幅が90CMしかないので、このオーブンレンジを置くと、隣にトースターが置けないんです。

最近のオーブンレンジは幅が大きいものが多く、このレンジも幅が50cmあります。

放熱の関係で、横はそれぞれ2cm以上空けないといけませんので、有効に使える幅は36cmとなります。

うちにあるトースターは幅35cmなので、ギリギリ入りません。

トースターを下の段に置くのはちょっと怖い

今は仕方なく下に置いていますが、まだ子供が小さい為、暑くなったトースターを触る可能性があるのでかなり注意をしています。

子供の手の届く高さなので、トースターを使うタイミングを考えてしまいます。

うちの子は今3歳なので、なんでも興味があり、手を出したり、おもちゃを置いてみたりするので、

危なっかしくて目が離せません。

できるならトースターとレンジは中段に置きたかったので、DIYで少しの幅の棚を作ることも

考えたのですが、我が家の間取りでは、棚を増やすと冷蔵庫がパントリーの入り口にかかってしまい、

使いにくくなると思ったので、断念しました。

おすすめの幅は120cm

カップボードの組み合わせを変えて120cmのカウンターにすると良いと思います。

セットを1つ追加になるので、オプションとなりますが、幅が広く取れることを考えると

少し値段が上がっても、後々の後悔がない気がします。

また、吊り戸棚とカウンターだけという選択肢もありますが、私たち夫婦は収納スペースを確保したいので、採用しないと思います。

最後に

今回は新築に2年住んでみてわかったカップボードの使いにくさについてお伝えしました。

カップボードはショールームで見ただけではわからない使いにくさがあります。

実際に電子レンジやトースター、炊飯器などいつも使っている器具を理想通りに配置できるのかを

詳細に採寸しながらイメージすることが大事になります。

これから新築される方の少しでもご参考になればと思います。

YouTubeでもこのトピックの動画を投稿していますので、是非ご覧ください。

ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました